避難所のガラス修理・交換~防犯性能で相場価格を判断~

防災対策の費用相場はどれくらい?

避難場所となっている体育館は、地震や台風に備えてガラス修理・交換をしなければいけません。ガラスのサイズや性能によって価格相場は異なってきます。

透明ガラスの価格相場

防災ガラスの価格や相場を把握する前に、一般住宅でもっとも採用されている単層透明ガラスの交換費用を把握しておきましょう。ガラス屋に依頼すると、施工から割れたガラスの掃除・処分までしてもらい0.5万円~1.8万円が相場となっています。

避難所に指定された学校のガラス修理・交換の価格相場

防犯ガラスの性能や種類によって価格は異なっていますので、価格相場には大きく差があります。 サッシはそのままでガラスだけ交換した場合

  • くもりガラス 1.4万円~3万円
  • ペアガラス 1.8万円~3.5万円
  • 強化ガラス 2.5万円~5万円
  • 高性能な防災ガラス 5万円~

防災ガラスは性能によって価格相場が変わりますが、現在は1万円~5万円になっています。差が大きいので交換時は、「どの程度の防犯性能を求めるか」を決めておくと良いでしょう。必要な性能を決めると、ガラスの種類も絞ることができますし、より価格相場を明確にすることができるはずです。

ガラス修理・交換の重要性

ガラスは消耗品ですので、破損したり、ひび割れしたりしてしまうことがあります。このような場合は、早急にガラス屋に連絡して処置してもらうことが大切です。そして、今よりも安全な空間にしたいと考えている方は、使用用途やガラスの種類、価格相場を考慮して、ガラス修理・交換することが重要になります。小中学校の教室や体育館は、災害時の避難所となる場所ですので、最高ランクで高性能な防災ガラスにしてもいいかもしれません。

TOPボタン