自然災害に備えたガラス修理!災害によって異なるガラス被害

人災・災害で考えられるガラス被害

泥棒

窓ガラスが割れてしまうと、破片で怪我をする危険性があります。人災や災害によって窓ガラスが割れたら、どのような被害が発生するのでしょうか。

地震
高層ビルが増えてきた現代では、地震が発生すると、空から大量のガラスが降り注ぐことがあります。20mの高さでガラスが割れてしまうと、10m近くガラスが飛び散ります。ちなみに、直下型の大地震の場合は、ビルの高さと同じ距離飛散します。
台風・竜巻などの風の災害
台風・竜巻の影響で飛来物がガラス窓にぶつかってしまうと、雨による被害と風による被害の2つが考えられます。台風の場合は、雨と風が同時にきますので、被害は大きくなることが想像できます。割れた後では、ガラス修理をすることも困難ですので、室内は非常に危険な状態になります。
火災
通常のガラスは耐熱性能がないため、火災が起きたら熱で割れてしまうことがあります。火災だけでなく、ガラスによる二次災害も発生するかもしれません。割れたガラスの破片が散らばると、避難をする際に怪我する人もいるはずです。
人為的な衝撃・防犯
空き巣の侵入方法の大半は、ガラス窓を破壊して室内に入っています。ガラス修理業者に依頼して防犯ガラスにしておかないと、財産や金品を盗まれてしまうでしょう。特に、2階部分の浴室やトイレの窓ガラスは、防犯対策をしてない家庭が多く、空き巣に狙われやすい窓です。

自然災害はなくすことができません。そのため、もし発生しても安全な環境を保つことができる窓ガラスが理想的です。特に、避難所に指定された学校では、いつでも、どんな災害にも対応できるように準備しておきましょう。

TOPボタン